hoccoriinco

「知りたい」をカタチにする。

箕面大滝 紅葉 見頃 ライトアップ 写真

お祭り・イベント

箕面大滝の紅葉2019見頃とライトアップ情報 混雑具合と駐車場やアクセス方法

投稿日:

箕面公園内にある「箕面の滝」と呼ばれ親しまれている箕面大滝は1年中楽しめるスポットで、特に秋の紅葉シーズンはとても綺麗ですよね!

京都よりも穴場感!?があるので見に行く方達も増えており、混雑具合などが気になるところ。

そして近年は涼しくなったかと思えばまた暑くなり、急に寒くなったりという異常なお天気が続いています・・そんな中、2019年の箕面大滝の紅葉は

  • いつの時期が見頃なのか?
  • ライトアップはされるのか?
  • 混雑具合
  • 駐車場
  • アクセス

など、押さえておきたいポイントをまとめましたのでご覧ください!

Sponsored Link

2019年箕面大滝の紅葉時期・見頃

箕面大滝 紅葉 見頃 ライトアップ 写真

箕面大滝では毎年11月上旬から木々が色づき始めます。

箕面公園は広いですから、場所によって色づきは異なります。少し早い段階でも色づいているスポットはありますし、まだ緑の残っている美しい様を堪能しながら散策するのも良いのではないでしょうか。

近年は寒暖の差が激しいですが、その方が赤い葉がキレイに色づくので期待できそうですね^^

紅葉の見頃

箕面大滝の紅葉の見頃は、11月中旬から12月初旬です。

場所によって異なる場合もありますが、滝道を歩きその色づき始めから散り初めまで色々な紅葉を見るのも1つの楽しみ方ですよ♪

12月上旬の散り始めたもみじの「敷もみじ」も楽しみの1つ。小さなお子さんがシャカシャカと足で踏んで喜びそうですよね!

ライトアップはしているのか?時間は?

箕面大滝では夏場はライトアップされていることがたまにあるのですが、秋の紅葉シーズンにはライトアップを行っていませんでした・・

しかし、2018年の紅葉時期11月1日~11月11日 17:00~21:00の期間中に、毎日箕面公園各所でライトアップされていたのです!

その理由は、2018年は台風の影響で通行止めされていた一部の滝道(箕面大滝と最寄りの阪急箕面駅をつなぐ遊歩道、約2.8km)が約1年ぶりに通れるようになったためです。

この流れで毎年ライトアップをしてくれると嬉しいですね~!

2019年のライトアップ期間は?

今年のライトアップの予定はまだ発表されていないのですが、去年の日程からすると11月上旬から11中旬に行われます!

また、情報が更新され次第追記します。

Sponsored Link

箕面大滝と周辺駐車場の混雑具合

箕面大滝は、関西の中でも有名な紅葉スポットであり、近年では海外からの観光客も多いので混雑が予想されます

そのため、駐車場も自然と混雑してしまいます・・

車で行かれる方は、朝早めに出発して駐車場を確保した方がいいですね!

箕面の滝に1番近い駐車場

営業時間 9:00~17:562-0001 大阪府箕面市箕面165600
収容台数 70台(大滝周辺に大日駐車場以外の駐車場はありません。)
料金 普通車:1,000円
大型車:3,000円(駐車は予約車のみ)
住所 〒562-0001 大阪府箕面市箕面1656
お問い合わせ(事務所) TEL 072-722-2885
web 箕面大日駐車場「箕面もみじパーキングス」

箕面の滝まで歩いて10分の駐車場です。収容台数は70台で普段はかなり空いている駐車場ですが、紅葉シーズンのピークには満車になる恐れがあるので気をつけてくださいね。

箕面大滝の基本情報・アクセス方法

住所 大阪府箕面市箕面公園
TEL 072-723-1885(箕面 交通・観光案内所)
営業時間 散策自由
定休日 散策自由
料金 無料
アクセス 公共交通:阪急箕面駅から徒歩40分
車:中国道中国池田ICから国道171号経由10km30分
駐車場 なし

電車の最寄駅

電車で行かれる方は、阪急箕面線「箕面駅」が最寄です。

阪急梅田駅から→約28分 270円

京都駅から→約1時間10分 830円

神戸三宮駅から→約1時間 370円

市内からはそんなに遠くないですね。

みんなの口コミ

実際に箕面の滝に行かれた方々の口コミをまとめました!

とても良いお天気でマイナスイオンしっかり浴びました。 朝9時から、箕面駅を出発して約40分程度で滝に到着。 途中、結婚式場や、紫陽花、売店と。 でも、台風の影響での倒木はたくさんあり、 まだまだ心痛い感じでした。

滝のサイズとしては普通かもしれませんが、箕面駅から続く緑道を散歩しながら片道2~3kmで到着。途中も歴史を感じる旅館やカフェなどがあり、綺麗な公営トイレがいくつかあり、休憩所も十分あります。休み休み行くのもいいと思います。

滝に到着するとその近くに鮎の塩焼きやアイスクリームなどの軽食屋があり、小腹を満たしながら滝を座って堪能できるスペースがあります。

かつて山伏の修行場だった箕面の滝。
2018年集中豪雨被害のため崖崩•倒木。
通行止めでしたが解消されて遊歩道も歩けるようになっていました。
まだ倒木は河床にあり被害の爪跡を見ることが出来ます。
箕面駅から滝まで約2.8キロ。晴れた日の散策にはぴったりでマイナスイオンをたくさん浴びれます。
途中、紅葉の天ぷら(かりんとうのようなお菓子)売られていて美味しいです。

この滝だけを見るために来たのですが、広々として見ごたえのある滝でした。滝では中国人だけでなく西洋人も多くいて皆さんリラックスしていたようです。

 

いろいろな感想がありますが、マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュできた!という方が多くみられますね^^

やっぱり、紅葉シーズンの名物のもみじの天ぷらは人気のようですね!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています!よかったらクリックで応援してください^^
にほんブログ村 その他生活ブログ レジャー・娯楽へ

-お祭り・イベント

Copyright© hoccoriinco , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.