hoccoriinco

「知りたい」をカタチにする。

妊婦 温泉旅行 いつまで 妊娠中 浴衣

生活

妊婦が温泉旅行に行けるのはいつまで?妊娠中も安心安全に。

投稿日:

 

Sponsored Link

妊娠はとても幸せなことですが、初期はつわりで辛い思いをする方も少なくはないと思います。

安定期に入ると赤ちゃんの洋服や布団などを揃え始めまだ見ぬ我が子への思いが強くなるでしょう^ ^

 

けれど同時に、旦那さんと2人きりの暮らしはしばらくお預け…。

それを考えると少し寂しくなりますね。

妊娠中に、旦那さんと2人きりの時間を思い切り楽しむ旅行を計画する人は意外と多いです。

 

安心して素敵な思い出を作る旅行のポイントをまとめましたのでご覧ください!

妊婦が温泉を楽しむために!浴衣を着る時に気をつけておきたいこと。

妊婦 温泉旅行 いつまで 妊娠中 浴衣

温泉旅行であれば、旅先でゆっくりできるのでお腹の大きな妊婦さんでも安心です。

そして温泉といえば浴衣

妊婦でも浴衣は着られるのでしょうか?

お腹周りがかなり大きくなってしまった場合でも浴衣はある程度自分で調整できるので着ることは可能です。

帯を締めるときは胸の下あたりを結べばお腹の丸さも引き立ちちょっと特別な感じを味わえるでしょう。

くれぐれも、苦しくないようにご注意ください。

浴衣は首元や手首・足首が出てしまうので身体を冷やしてしまわないように靴下やインナーを工夫すると安心です。

Sponsored Link

マタニティライフを充実させたい!妊婦に優しい温泉旅行おすすめ5選

妊婦 温泉旅行 いつまで 妊娠中 おすすめ 宿泊 旅館 ホテル

温泉旅館によっては、【妊婦歓迎】とうたわれていたり、【マタニティプラン】などのプランが用意されている場所も増えてきています。

  1. 住んでいる場所からなるべく近いところで計画し、
  2. 行き先が決まったらそのあたりのマタニティプランのある宿を探す

そうすると、負担の少ない旅行の計画を立てやすいですよ!

 

マタニティプランなどがある関東周辺のおすすめの宿をご紹介します。

仙石楼(神奈川 箱根)

私が実際にマタニティプランで宿泊した宿です。

ウエルカムドリンクがノンカフェインのフルーツティーだったり、貸切温泉が無料で使用できたりと特典満載。

食事も妊娠中に気をつけたい生物やアルコールは避けた物を用意して頂きました。

さらに嬉しいのが、プランを申し込んだ特典で赤ちゃん連れでの宿泊の際に使える割引券ももらえました。

大涌谷が近くにあるので、寿命が延びると言われている黒たまごを食べに行くのもいいかもしれません。

山家荘(神奈川・箱根)

こちらはお風呂付のお部屋に宿泊できます。

部屋にお風呂が付いていると、大きなお腹を人に見られることもなく好きなタイミングで好きなだけお風呂に入ることができます。

ノンカフェインの飲み物の用意や、食事の変更他、体調不良等によるキャンセル料も0円など、安心して予定が立てられます。

さらに面白いのが、妊婦の名前入りの御朱印帳と、安産祈願の御朱印がもらえます。

このプランだけの特典なのでぜひチェックしてみてください。

離れの宿 楓音(栃木 那須塩原)

2017年にリニューアルした宿です。

ノンカフェインティーの取り揃えや、生魚を別のものに変更したり、ブランドのアメニティプレゼントがあります。

大きなお腹で休む時に欠かせない抱き枕をお部屋に用意してくれるサービスもあります。

若干お値段は高めですが、口コミでの総合評価も高く特別な思い出になること間違いなしです。

MERCI0823(静岡・伊東)

関東から少し離れますが、こちらは元助産師の方がオーナーをしています。

1人30分の無料個人レッスン付で、30分間であれば助産師に聞きたいことや骨盤ケアの方法などを聞くことができます。

 

ペット可の宿なので、おうちにペットがいる方は一緒に旅行もできます。

うっかり何かあっても助産師さんがそばにいると思うだけで心強く、なんだか安心して過ごせる気がしますよね。

伊東ホテル聚楽(静岡・伊東)

こちらのマタニティプランには、マタニティ用のパジャマが付きます。

そしてなんとお持ち帰り可。

入院準備に必ず必要なマタニティパジャマを旅行の思い出と共に揃えられるのは嬉しい特典です。

ルピシアのデカフェ紅茶も部屋に多めに用意していただけるので、お部屋でのんびり過ごすのも楽しそうです。

Sponsored Link

どの宿も、マタニティプランがある宿なので従業員の方の気配りがあり安心して過ごすことができます。

宿により少しずつ特典が変わるので、より自分に合ったものを見つけましょう。

まとめ

妊娠中だから…と不安になってしまう方もいるかもしれません。

でもゆったり温泉に浸かってリラックスすることはお腹の赤ちゃんにとっても嬉しいことです。

温泉は床が滑りやすくなっているところもあるので十分に気をつけてください。

また、のぼせやすいので長湯は禁物です。

 

安定期は、長いようであっという間。

後期になってくると思いお腹を抱えて歩くのも辛く、また張りやすいなどのマイナートラブルも増えてきます。

どうしようかな…と思っている方は、なるべく安定期の早い段階での旅行の計画がおすすめです。

 

もちろん、母子ともに体調が安定していてお医者さんの許可があることが大前提ですが、

旦那さんと過ごす2人きりの時間をゆっくり満喫できるような素敵な旅行ができるといいですね。

Sponsored Link

-生活

Copyright© hoccoriinco , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.